ペットエコ・ペットショップ・横浜・仙台・犬・猫・熱帯魚・海水魚・金魚・水草・うさぎ・ハムスター・フェレット・鳥・インコ・昆虫・爬虫類・通販・など

ペットエコ
人と自然にやさしい環境を
トップページ
犬・猫
観賞魚・水草
爬虫類
小鳥・小動物・昆虫
セール・イベント
オンラインショップ
店舗ご案内

メルマガ登録
ケイタイメルマガはこちらからケイタイメルマガ登録
3/22まで
入会キャンペーン中

ペットのP-PRO商品
トクトクお楽しみクーポン
NET限定!お買得品!!オンラインショップへGO!
熱帯魚の飼い方水草の育て方海水魚の飼い方金魚の飼い方
はじめてアクア 海水魚の飼い方
海水魚
海水魚の飼い方
色とりどりの美しい海水魚。熱帯魚飼育との違いは人工海水を用いて飼育すること。多少のコツがありますが、はじめてでも十分楽しめる簡単なセットも販売され身近になってきました。
飼育のポイント 〜くわしい説明の前に〜
器具をそろえよう
最低限これだけは必要なアイテムをチェック。これさえ揃えればすぐ飼育にチャレンジできます。
用意するものチェックリスト
*水槽 *フィルター *水質調整剤 *底砂 *照明器具 *水温計 *エサ *バクテリア剤 
*保温器具(ヒーター、サーモスタット) *アミ *水かえ用ポンプ *人工海水 *比重計 *ろ過材
※ペットエコオリジナル“はじめてセット”は、これらがすべて入ったお得なセットです。(詳細は店頭スタッフ迄)
水槽
透明度が高く美しいガラス製が主流。縁のないオールガラス製のものも人気です。
海水飼育では、出来るだけ水量の多い水槽での飼育がおすすめです。
ペットエコオリジナル“はじめての海水魚”セットならすべてが揃います

フィルター

ごみを取り除くのはもちろん、水質を浄化する微生物 ( バクテリア ) が住む場所と言う大事な役目をします。海水飼育には、ワンランク上の能力表示のフィルターがおすすめ。
レイシー社製上部式フィルター 外部式フィルター
上部式フィルターは、
容量の大きなレイシー社製がおすすめ
外部式は、
ワンクラス上の能力表示のものを選ぼう

水質調整剤

水道水中のカルキを抜くカルキ抜きは用意しましょう。しかし使用する人工海水の種類によっては、カルキ抜きが不要のものも多いので注意しましょう。
当店おすすめ調整剤 “ジクラウォーター海水用” カルキ抜きはもちろん、魚を元気にする成分が豊富です。
底砂
海水魚に適したアルカリ性の水をキープしやすいサンゴ砂が一般的に使用されています。 粒の大きさも様々ですが、底面濾過システムを使用するときは粒の大きさに注意しましょう。(MかLを使用)
照明器具
魚をきれいに見せること、サンゴや、イソギンチャクをすくすく育てるために必要。
いろいろな色調のものが発売されてます。
コーワ17000K+BB450 蛍光灯 メタハラ
おすすめ商品当店おすすめランプ コーワ17000K+BB450 青く澄み切ったサンゴ礁の海の色を再現します。
バクテリア剤
バイオスコール
バイオスコール海水用
透明できれいな水はバクテリアのおかげで実現します。必ず入れましょう。新規セット時はもちろん、水換え時にも使えばベスト。
おすすめ商品当店おすすめバクテリア バイオスコール海水用

セット準備
置き場所を決めよう
水槽の総重量は、30cm水槽で約30kg、60cm水槽で約70kgになります。
水槽専用台として販売されているものへ設置するのが安心。下駄箱、出窓への設置は避けましょう。
また、直射日光の当たる場所、電気製品の隣も要注意。
水槽専用台
専用台なら安心して飼育を楽しめる。
カラーボックスやテレビ台への設置
注意カラーボックスやテレビ台に置くのは危険
底砂を洗おう
購入した砂をバケツ等に入れ水道水でしっかり洗います。バケツ中の水が濁らなくなるまでしっかり洗いましょう。お米を研ぐ要領で洗うのがコツ。

水槽セットから水つくりまで
水槽のセッティング
水洗いした砂を水槽に敷き詰めます。その後、フィルター、ヒーターなどをセットしましょう。
セッティングイメージ
セッティングイメージ
注意まだ電源は入れないこと
海水をつくろう
バケツに張った水道水に人工海水を溶かしてゆきます。よく溶かしたら比重計で塩分濃度をチェック。(1.020−1.023)できれば水温を25度前後に調整した水を使えれば正しい比重が得られます。水槽に海水を満たしたらバクテリア剤を投入しフィルター、ヒーターなどを動かしましょう。
人工海水ライブシーソルト 温度計と比重計
おすすめ商品当店おすすめ
人工海水ライブシーソルトは、
カルキ抜き不要
比重は25度の水温にして計ろう

お魚を水槽に入れよう
水温を合わせよう
魚が入っている袋を30分程度水槽に浮かべます。
袋ごと水槽に入れる

水温の差が大きいとショックで病気を誘発しやすい。特に冬場は注意。
ペットエコでは、水温変化に弱い魚は、保温シートにお包みしています。

保温シートの中はあったかい
水質を合わせよう
袋の水ごとバケツに移し、水槽の水を少しずつ加える。ペットエコオリジナル水合わせキットを使用すると便利です。元の水の倍量ぐらいになったら魚を水槽に入れてあげましょう。
水あわせキットを使うと便利 大きな魚には、エアーを送りながら水合わせをしよう。
注意特にエビ類は、時間をかけて慎重な水合わせを。  

日常管理
エサは栄養バランスの良い人工飼料を中心にいろいろなエサを与えると良いでしょう。1日に2,3回少量ずつ時間を掛けて食べ残しのないように与えます。
他に2週間に1度程度3分の1程度の水換えをします。このときは、必ず水温を合わせた水を使用しましょう。フィルター掃除は、水換えと時期をずらして行い。バクテリアを失わないようにゴミとりマット以外は、飼育水で軽くすすぐ程度にします。
砂はプロホース等で軽くゴミを吸う程度でOKです。
    ※水換えのサイクルと量は状況によって変わります。
プロホースシリーズ デルフィス社マリンフード
おすすめ商品当店おすすめフード 
デルフィス社マリンフード
生きた善玉菌を配合。消化抜群。
おすすめ商品当店おすすめ水換え用品 水作 プロホースシリーズ 水換えと砂掃除が同時にできる。


ご利用案内サイトマッププライバシーポリシー特定商取引法に基づく表示お問い合わせ  
Copyright 2005 YONEYAMA PLANTATION All Rights Reserved.  
採用情報 犬・猫 観賞魚・水草 爬虫類 小鳥・小動物・昆虫 セール・イベント Online Shop 店舗ご案内 会社概要